撮ってもいいね北海道動画コンテスト 応募期間 2021年7月1日(火)〜2022年1月31日(月)

作品テーマ

「北海道の魅力」や
それを支える「インフラのちから」

作品テーマ ▶︎ 「北海道の魅力」やそれを支える「インフラのちから」

  • 美しい自然や風景、歴史、文化、産業の営み、暮らしの一場面など、北海道の魅力や誇りが伝わる動画
  • それらを支える道路、河川、港、空港、農地などのインフラの果たす役割や魅力が伝わる動画
  • 昔の北海道の暮らしぶりや地域づくりの苦労が伝わる過去の貴重な「なつかし映像」

応募部門

①一般部門/大学生・短大生・専門学校生含む 
②学生部門/小学生・中学生・高校生 
③なつかし映像 部門


応募資格

●性別、国籍、プロ/アマ、個人/グループ不問。小学生以上の国内在住者であればどなたでも応募可能です。
●小学生以下は保護者の方が代表者となり、応募してください。
●「学生部門」対象の学生は「一般部門」には応募できません。


入 賞

一般部門
[優秀賞]現金5万円/2名様
[佳作]現金2万円/3名様
学生部門
[優秀賞]QUOカード2万円/3名様
[佳作]QUOカード1万円/3名様
審査員特別賞
現金2万円/全部門から6名様
なつかし映像部門
[優秀賞]現金3万円/1名様
最優秀賞全部門から1名様¥100,000
賞金総額¥500,000 最優秀賞全部門から1名様¥100,000 賞金総額¥500,000
コンテストの紹介
 

審 査 員

森崎 博之氏

森崎 博之
俳優·タレント

1971年、北海道生まれ。1996年、北海学園大学演劇研究会出身の大泉・安田・戸次・音尾と共に演劇ユニット「TEAM NACS」を結成。リーダーとして多くの作品の脚本・演出を手がけている。2021年にはTEAM NACS 第17回公演「マスターピース ~傑作を君に〜」を上演。また、農業や食育活動にも取り組み、ごはんソムリエを取得し、食育の大切さ、北海道の素晴らしさを講演会などでも発信している。

伊藤 隆介氏

伊藤 隆介
北海道教育大学教授

1988年、東京造形大学造形学部デザイン学科卒業。1992年、シカゴ美術館附属大学大学院研究科修士課程修了。実験映像作家・美術作家として、ミニチュアのフィギュアやライブビデオ、モーターや視覚装置を用い、革新的で空想的なメディア風景を創造する映像インスタレーションで知られる。また、ビデオの即時性、映像特有の「サイズの喪失感」などをテーマとしたインスタレーションも多く制作。北海道文化奨励賞、札幌文化奨励賞を受賞。

そら氏

そら
絵本作家

北海道を拠点として活動する、絵本作家、イラストレーター、フェルト作家。主な代表作に、JR北海道ICカード乗車券「Kitaca(キタカ)」のキャラクター“エゾモモンガ”、北海道観光PRキャラクター“キュンちゃん”、ウポポイPRキャラクター“トゥレッポん”などがある。主な著書に、「しろくまくんのおいしいものだ~いすき」(主婦の友社)、「TO YOU ~大切な君へ~」(MG BOOKS)、「赤い糸」(パルプ出版)、ほか多数。

梅岡 宏氏

梅岡 宏
NHK札幌拠点放送局長

1962年、兵庫県生まれ。NHKに入局後、報道番組担当のディレクターとして「NHKスペシャル」や「クローズアップ現代」を多数制作。プロデューサーとしてはNHKスぺシャルの大型シリーズ「永田町 権力の興亡」「巨大地震メガクエイク」などを企画・開発。大型企画開発センターの責任者として700本あまりのNHKスペシャルを放送した。2020年5月にNHK札幌拠点放送局長に就任し、地域放送の充実に取り組んでいる。

新保 元康
NPO法人ほっかいどう学
推進フォーラム理事長/
元屯田小学校長

国土交通省
北海道開発局長

応募方法

スマホによる制作や、写真を使用したスライドショーなども大歓迎!
実写映像・CG・アニメーション等の制作手法や、
ドラマ・CM・ドキュメント・チャレンジ映像・思い出映像等々、
企画・表現手法はいずれも自由です。

一般部門·学生部門

「撮ってもいいね! 北海道 動画コンテスト」
WEBサイト内の応募フォームから
必要事項を入力の上、作品データを
アップロードしてください。


●メディアでの応募はできません。


送り先

下記の応募フォームから
ご応募ください。

arrow_oubo-h_send

[応募作品の規格]

〇作品時間/180秒以内
〇データサイズ/300MB以内
〇ファイル形式/mp4、mov、wmvのいずれか
〇フレームレート/30fps
〇解像度/[1,080p フルHD(1,920px × 1,080px)]
     または[720p HD(1,280px × 720px)]を推奨

なつかし映像部門

メディアでの応募のみ

「撮ってもいいね! 北海道 動画コンテスト」
WEBサイト内の応募フォームから
必要事項を入力の上、作品を
郵送にて応募してください。


  • ●応募フォームからエントリー後、事務局宛に郵送にて応募。
    ※応募時のニックネームとタイトルを書面に記入し同封。
  • ●返却対象のメディアでの応募は、
    メディアの返却先の住所·氏名を書面に記入いただき同封。

送り先

〒060-0031
札幌市中央区北1条東1丁目6-16 NEW1ビル2階
㈱ドーン内 応募事務局

[応募作品の規格]

〇作品時間/30分以内

メディア
  • ①8㎜フィルム·VHSテープで応募
    ※応募メディアは返却します
  • ②DVDまたはBlue-rayDiscで応募
    ※mp4、mov、wmvのいずれかのデータ形式にて
    ※返却いたしません
    ※解像度[1,080p フルHD(1,920px × 1,080px)]
    または[720p HD(1,280px × 720px)]を推奨

[応募データ制作の注意]
※データ形式での応募の場合

作品のファイル名に応募フォームに入力した「ニックネーム(または団体名)」と
「作品名」の最初の数文字を入れてください。

例)
ニックネーム:カメラ太郎 
作品名:海の物語
「camerataro_umino.mp4」

動画を撮影する際は、
感染症対策に十分配慮願います。

注意事項

必ず下記「注意事項」をよくお読みいただき、同意の上、応募してください。作品を応募した時点で、「注意事項」を全てご了承いただいたものとみなします。
  • 作品の制作·応募に係る一切の費用は、応募者の負担となります。
  • 過去に撮影·編集された動画の応募も可能です。ただし、既発表の場合は、他のコンテスト等で入賞したものや版権·著作権等の条件のあるものを除きます。
  • 応募作品数の制限はありません。
  • 撮影が禁じられている場所での撮影は行わないでください。
  • 応募作品内に個人を特定できる人物が映っている場合には、必ず本人の承諾を得るか、または、個人を特定できないようにしてください。
  • 応募動画に使用する映像·音楽·音声·素材等は、第三者の著作権等の知的財産権を侵害しないものを使用してください。
  • 以下の内容に該当し、または該当する恐れがあると判断された作品については、主催者の判断により、応募者に通知することなく、審査対象から除外します。
    •  
    • 公序良俗に反する内容が含まれるもの。
    •  
    • 第三者を誹謗中傷するもの、または不利益を与える可能性の内容が含まれるもの。
    •  
    • 第三者の名誉、プライバシー、または信用を傷つける可能性のあるもの。
    •  
    • 第三者の著作権、商標権、肖像権その他知的所有権を侵害するもの。
    •  
    • 企業や商品等の宣伝活動、政治活動や宗教活動に該当する内容が含まれるもの。
    •  
    • 法令等に違反するもの、または犯罪行為に結びつくもの。
    •  
    • 本コンテストの趣旨に合わない、または不適切な内容が含まれていると主催者·事務局が判断したもの。
    •  
  • 応募作品について、万一、第三者からの権利侵害·損害賠償請求などの訴訟·異議申立て等があった場合には、主催者は一切の責任を負いません。応募者がその責任により、全て処理解決してください。
  • 本コンテストの受賞作品発表までの間、応募作品の本コンテスト以外への出品はご遠慮ください。
  • 受賞作品の発表·表彰は2022年3月頃を予定しております。受賞者の方にのみ、運営事務局からご連絡します。審査状況や選考結果に関するお問い合わせには応じられませんので、ご了承ください。
応募フォームへ

応募期間
2021年7月1日(木)~2022年1月31日(月)

作品の取扱いについて

作品の著作権は応募者(グループ)に帰属しますが、事前に応募者の許諾を得ることなく、本コンテスト実施主体及び関係機関が行う北海道PRを目的とした取組、インフラの意義や建設業への理解促進を目的とする取組等で、応募作品を無償で使用したり再編集する場合があることについてご了承いただけることが条件となります。
※使用の際は応募者名も合わせて表示される場合があります。

想定される使用例 ▶︎

  • ○実施主体および関係機関のWEBサイト、SNSでの公開、実施主体及び関係機関が主催または後援するイベント等での上映、ポスターやチラシ等の印刷物での活用、その他の広報活動
  • ○道内の学校教育、市民講座、生涯学習等での活用

なお、入選作品は、国土交通省北海道開発局のWEBサイトで公開します。この時、応募時にご自身が入力された応募者名、作品に込めた想い、地域名についても併せて表示します。ただし、他者の著作権を侵害している場合など、応募要件を満たさない作品であることが判明した場合は、公開後であっても公開·受賞を取り消し、副賞の返還を求めるものとします。さらに、実施主体及び関係機関に損害が生じた場合、当該応募者に対し、その損害の賠償を請求できるものとします。

受賞作品は2022年3月頃に
本サイトにて発表します。

お問い合わせ

「撮ってもいいね! 北海道 動画コンテスト」
事務局